LLBeanの自転車のシートポストをクイック化

L.L.Beanの自転車のサドルを交換

エルエルビーン ブランド 20インチ折りたたみ自転車のシートポストをクイック化しました。サドルの高さ調節が楽になりました。

L.L.Beanの折り畳み自転車のシートポストをクイック化するDIY


 L.L.Beanの折り畳み自転車です。L.L.Beanとは言ってもエンブレムだけですね。L.L.Beanが作ってるわけじゃないです。

 

 

 

 

 


 サドルの高さは棒をクルクル回して緩めて調節します。自分一人なら固定で構いませんが、複数の人間が乗るとなると、結構面倒。折り畳みなんだから、もっと楽に調節(サドルを下げられる)ようにしといてくれよ。

 

 

 

 

 


 で、買ってきました。シートポスト用クイックレバー。ネット情報だとサイズの詳しい情報がないので、現物合わせしたかったのですが、近くの自転車屋さんには置いてなくて、あちこち電話して置いてるところまで行ってきました。もちろんチャリですよ。


 メーカーはママチャリの強い味方、サギサカです。いつもお世話になってます。

 

 

 

 

 


 早速シートポスト抜きました。ちょっとサビてます。

 

 

 

 

 


 チューブの中はうまく写真が撮れませんでした。

 

 

 

 

 


 クレ6−66を噴いて掃除しときます。


 これはもういらんやつですね。クイックレバーの方が軽いので、今回のカスタムで軽量化にもなります。

 

 きちんと金属ゴミに出すんで、いつかまた誰かの役に立って欲しいです。

 

 

 

 

 


 シートポストはサビ取りクリームで拭きます。このサビ取り、バカにする人もいるけど、結構いいと思って使ってます。

 

 水をちょっとつけるのがコツですが、「水をつける」のに抵抗のある人も多いのかもしれません。ちなみにこのサビ取りクリームもサギサカです。


 きれいになりました。

 

 

 

 

 


 クイックレバーは現物合わせで買ってきたので、レバーの許容範囲を超えている心配はないのですが、使用を検討している人のために一応測っておきます。チューブ側の幅は31.5mmってとこでした。

 

 

 

 

 


 シートポストにグリスを塗って、チューブに差し入れます。


 クイックレバーのナット部分を取り外します。

 

 

 

 

 


 のりこし は右利きなので、自転車の左側に立った時にレバーを右側に倒すと締まるようにセットします。

 

 

 

 

 


 レバーを締めたところ。ナット側を調節して、締め具合を適切に設定します(撮影のためにシートポストは抜いてます)。

 

 

 

 

 


 こんな感じで仕上がりました。

 

 

 

 

 


 レバーの色は黒しか選択肢がなかったのですが、この自転車のカラーとは特に問題なく合わせることができて、見た目も性能もバッチリです。

 

 サドル高さの調節がめちゃくちゃ楽になりました。

 

 

[20190805]

関連記事 L.L.Beanの自転車にPanasonicのかしこいランプを取り付け