SHIMANO バンタム100 オーバーホール ハンドル側組立編

SHIMANO Bantam100 オーバーホール ハンドル側組立

シマノのベイトリール、バンタム100のオーバーホールです。ハンドル側を組み立てます。

SHIMANO Bantam100のオーバーホール(ハンドル側組立編)

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 バンタム100を組み立てます。これが完成イメージ。わざわざイメージするまでもありませんが、目標をイメージするのはアスリートにとって重要です(誰がアスリートやねん…)。

 

 部品名の後ろにカッコ書きしてある番号は、分解図に記載されている部品番号です。

 

 分解図には載っていないパーツもあります。こちらのページにわかる範囲で対応表を作りました。

 

 さて、組み立てます。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 洗浄したパーツです。どこから手を付けましょう。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 ここから行きましょう。一番メカメカしいところですしね。

 

 本体固定板(30)にクラッチ金具(30)をつけます。

 

 今回は固定板と金具をはずしてありますが、通常は外す必要は「全く」ありません。

 

 後述のeリングを外せばクラッチ金具はかなりフリーになります。

 

 無理に分解して固定板や金具を曲げてしまわないようにしましょう。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 オイルとグリスはシマノのスプレー使ってます。いろんなのがあるのでお好きなものをどうぞ。

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 スプレーで使いにくい時は、適当なところに出して

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 爪楊枝で塗ったりしてます。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 本体固定板にクラッチ金具をはめて、

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 eリング(30)を付けます。これで本体固定板(30)の状態です。ここでクラッチ金具がスムーズに動くかチェックします。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 クラッチレバーバネ(27)を付けます。「前の写真で既についてるやん」とか突っ込まんといて下さいね(^^;

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 クラッチツメバネ(29)を付けます。再びクラッチ金具がスムーズに動くかチェックです。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 本体固定板(30)にクラッチヨーク(25)を乗せます。クラッチヨークは表裏があります。窪みがある方が上です。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 ピニオンギヤーA組(23)をクラッチヨーク(25)と本体固定板(30)の間に差し入れるようにはめ込みます。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 メインシャフト(のりこしの呼称)にメインギヤー軸座金(26)をはめます。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 別に組み上げたメインギヤーのセットをつけます。ストッパーツメ組(28)はシャフトに合わせてはめ込みます。

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 クラッチヨークバネ(24)をクラッチヨーク(25)の窪みに乗せます。ひっくり返すとパーツが落ちるのでこの状態を保ちます。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 上で組んだところに本体A組(12)をかぶせます。メインギヤー(19)とピニオンギヤーA組(23)の位置をあわせるようにするとぴったりはまります。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 本体A固定ボルト(11)2本で本体A組(12)と本体固定板組(30)を固定します。設定トルクはわかりません。ほどほどに。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 メインシャフトにメインギヤー座金D(13)をはめます。ドラグ部分を組み立てた時にあとでもいいって言ってたやつです。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 はめ込んだところ。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 スタードラグ組(7)をクルクルっとはめます。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 その上にハンドル受座金(6)。表裏があります。写真を参考に真ん中が高くなるように置きます。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 次にハンドル組(5)。ハンドルも表裏がありますが、まさか間違える人はいないでしょう。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 次に、メインギヤー軸固定ボルト(4)。ここあたりまでくるとハンドル部分は余裕です。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 ハンドル固定ナット(2)。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 リテーナー(3)。ここらあたりはドレスアップパーツもたくさんありますね。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 リテーナー固定ボルト(1)。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 キャスコンのネジ部分にOリングオーリング(LESS)をはめます。このオーリングは部品番号ナシNumberlessです。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 キャスコンの穴に本体ピニオン受(10)を入れます。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 スプールドラグツマミ(8)に

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 スプールドラグ座金(9)をセットします。または、本体ピニオン受(10)の上に置いてもいいです。

 

 ツマミの内側にオイルを薄く塗ると逆さにしても落ちにくいです。

 

 うっかり落として失くすのが嫌なので、のりこし はロックタイト塗ったりしてます。

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 スプールドラグツマミ(8)を本体に付けます(写真がなかったので分解途中のものを流用)。ハンドル付ける前に、このツマミ付けといた方が楽でしたね。まぁそこらへんはメンテする人のお好みで。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 裏返します。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 ベアリング(31)をはめます。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Overhaul Handleside

 五角形のバネ、ベアリング抜け止め(32)をはめます。

 

 これでハンドル側は完成です。

 

 続いてレベルワインドとカップ側を組み立てます。