SHIMANO バンタム100 オーバーホール ドラグユニット組立編

SHIMANO Bantam100 ドラグユニット組立

シマノのベイトリール、バンタム100のオーバーホールです。ドラグユニットを組み立てます。

SHIMANO Bantam100 ドラグユニットのオーバーホール(組立編)

バンタム100のドラグ部分を組み立てます。

 

 部品名の後ろにカッコ書きしてある番号は、分解図に記載されている部品番号です。

 

 こちらのページにわかる範囲で対応表を作りました。

 

 ドラグ部分はワッシャーが多く、順番に迷うところです。のりこし も自分もメモ書きを見たり、手持ちの他のバンタムを確認しながら組んでます。

 

 このページは写真用にオイルもグリスもなしで組んでいますが、適宜使って下さい。

 

 それでは、間違えないように組み立てましょう。

 

 

Shimano Bantam100 Dragging unit

 左からストッパーギヤー組(21)、スタードラグ座金A(20)、スタードラグ座金B(18)、スタードラグ板(17)、メインギヤー(19)、メインギヤー座金A(16)、メインギヤー座金C(15)、メインギヤー座金B(14)、メインギヤー座金D(13)です。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Dragging unit

 順番に組んでいきましょう。おもむろにメインギヤー組(22)を手に取ります。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Dragging unit

 ストッパーギヤー組(21)をはめます。ポチポチがある方が下です。どっちが下か定義がわかりませんが、のりこし の感覚的には下です。以後、上とか下とか主観的適当な記述が頻出しますが、写真を参考に適宜ご理解願います。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Dragging unit

 次はスタードラグ座金Aです。表裏はありません。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Dragging unit

 次はメインギヤー(19)。へこんでる方が上です。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Dragging unit

 次はスタードラグ座金B(18)。表裏はありません。メインギヤー(19)のへこみに入る大きさです。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Dragging unit

 次はスタードラグ板(17)。表裏はありません。スタードラグ座金B(18)を押さえるようにはめます。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Dragging unit

 次はメインギヤー座金A(16)。表裏はありません。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Dragging unit

 次はメインギヤー座金C(15)。表裏はありません。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Dragging unit

 次はメインギヤー座金B(14)。表裏はありません。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Dragging unit

 次はメインギヤー座金D(13)。表裏はありません。これは本体A組(12)まで組んだ後でもつけられるので、ここでつけなくても構いません。

 

 

 

 

 

Shimano Bantam100 Dragging unit

 ストッパーツメ組(28)をストッパーギヤー組(21)にはめ込みます。向きがあります。裏返してツメの形状を見て考えるとわかりますが、手っ取り早く、この写真を参考に。

 

 これでドラグユニットが組みあがりました。

 

 本体と合わせて組み上げます