のりこしの池

SHIMANO Bantam100・200・10SGのキャスコン プラスチックブッシュをベアリングに交換するチューン

Bantam 100 200 10SG Bearing Tune

 シマノのベイトリール、バンタム100のキャスコン部分です。

 

 

 

 

 

Bantam 100 200 10SG Bearing Tune

 ツマミを外すと、白い樹脂製ブッシュが入っています。これは「本体ピニオン受」という部品名で、その名の通り、ピニオンの軸を保持しています。

 

 

 

 

 

Bantam 100 200 10SG Bearing Tune

 このブッシュをベアリングに交換します。交換するのはコレ。サイズは外径10mmx内径4mmx厚さ4mmです。

 

 

 

 

 

Bantam 100 200 10SG Bearing Tune

 裏側です。このベアリングは片側オープンです。

 

 

 

 

 

Bantam 100 200 10SG Bearing Tune

 ブッシュを外して、

 

 

 

 

 

Bantam 100 200 10SG Bearing Tune

 ベアリングを入れるだけ。裏表がありますが、どっちでもいいです。これはオープン面が外側。

 

 

 

 

 

Bantam 100 200 10SG Bearing Tune

 これはオープン面が内側。

 

 

 

 

 

Bantam 100 200 10SG Pinion Polish

 適当にオイルまたはグリスを注油。オイルが多すぎると回転は重くなります。

 

 

Bantam 100 200 10SG Bearing Tune

 バンタム100と200はキャスコン部分が共通部品ですし、交換手順も全く同じです(手持ちのバンタム200はキャスコンのプレートが取れてしまっています)。

 

 

 

 

 

Bantam 100 200 10SG Bearing Tune

 バンタム10SGです。これも同じ。   

 

 

 

 

 

Bantam 100 200 10SG Bearing Tune

 パーツの色は黒ですが、サイズは全く同じです。

 

 

 

 

 

Bantam 100 200 10SG Bearing Tune

 取り出して、

 

 

 

 

 

Bantam 100 200 10SG Bearing Tune

 ベアリングを入れます。

 

 大層にページを作りましたが、このチューンはあまり意味のあるものとは思えません。

 

 キャストの時、クラッチを切るとスプール軸はフリーになり、ブッシング内側(=ベアリング内側)に接していない状態になります。

 

 一方、巻き上げのスムーズさはベアリングチューンで向上すると考えられます。

 

 キャスト時のスプール抵抗軽減には、むしろピニオン内壁の平滑度を高め、適度なオイルの添加が効果があると思います。

 

 見た目カッコいいからベアリングにしてますけどね(^^)

 

 

[20220321]

PR

PR

PR

関連ページ

SHIMANO Bantam100 Parts List
シマノのベイトリール、バンタム100のパーツ写真です。
SHIMANO Bantam100 OH Cleaning
シマノのベイトリール、バンタム100のオーバーホールです。分解と部品洗浄です。
SHIMANO Bantam100 OH Handleside
シマノのベイトリール、バンタム100のオーバーホールです。ハンドル側を組み立てます。
SHIMANO Bantam100 OH Cup Side
シマノのベイトリール、バンタム100のオーバーホールです。カップ側を組み立てます。
SHIMANO Bantam100 OH ドラグユニット組立
シマノのベイトリール、バンタム100のオーバーホールです。ドラグユニットを組み立てます。
SHIMANO Bantam100 チューンナップ ピニオン磨き編
シマノのベイトリール、バンタム100・200・10SGのチューンアップです。ピニオンギアを磨きます。
ABU Ambassdeur 4600Cの分解整備
ABU のベイトリール「Ambassdeur 4600C」の分解整備です。
ABU Ambassdeur 4600Cの分解整備(2)
ABU のベイトリール「Ambassdeur 4600C」の分解整備です。
ABU Ambassdeur 4600Cの分解整備(3)
ABU のベイトリール「Ambassdeur 4600C」の分解整備です。
Mitchell308 Parts List
ミッチェルのスピニングリール308のパーツ写真とリストです。
Mitchell308 OH Cleaning
ミッチェルのスピニングリール308のオーバーホールです。分解して洗浄します。
Mitchell308 OH
ミッチェルのスピニングリール308のオーバーホールです。本体を組み立て、スプール・ハンドルと合わせます。
Mitchell308 OH Spool
ミッチェルのスピニングリール308のオーバーホールです。スプールの組み立て。
Mitchell308 OH handle
ミッチェルのスピニングリール308のオーバーホールです。ハンドルの組み立て。
Mitchell308のベールゆるみ止め
Mitchell308ののベールがすぐにぐらつきます。ゆるみ止めで対処しました。
Mitchell308/310UL 専用工具の製作
Mitchell308/310ULのピニオンを外すための専用工具を製作しました。
Daiwa Spinmatic Ultramini
ダイワの極小スピニングリール 「スピンマチック ウルトラミニ (Daiwa Spinmatic Ultramini)」の思い出話です。
Daiwa Minispin
ダイワのロッドと専用リールのスピニングセット、「ミニスピン」の思い出話です。
ウェーダーのソール修理
フローターで使うチェストハイのウェーダーのソールを修理します。
釣行記20210810 ナマズ
ABUのリールにABUのロッド。魚はやはりナマズ。
釣行記20210508 ナマズ
今年の初ナマはほぼ60センチでした。。
釣行記20200830 カワムツ・スッポン
石化けで気配を消していると、スッポンが寄って来ました。
釣行記20200822 ハヤ(オイカワ・ウグイ)
今日は子供とハヤ釣りに。
釣行記20200808 ナマズ
今日はウルトラライトスピニングで。あんまり大きいの釣れなかったけど、ライトタックルは楽しい。
釣行記20200807 タナゴ・シオカラトンボ
今日はムキになってトンボ釣り。
釣行記20200716 タナゴ・鯉
今日もお気楽タナゴ釣り。
釣行記20200716 タナゴ・バス・鯉
タナゴ釣りに来てバスが釣れた。
釣行記20200612 ライギョ
こんなタックルでデカい雷魚来たらかなわんわ。
釣行記20200605 ナマズ
今日はラパラデー、思った通りに出てくるとやっぱり楽しい。
釣行記20200531 ナマズ
60オーバーで頭が扁平、ビワコオオナマズかな?
釣行記20200529 ナマズ
空高くに三日月が見えていますめちゃ引く60オーバー
釣行記20200515 ナマズ
こういう日もあるさ。なんとか1匹。
釣行記20200511 ナマズ
話のついでに1匹。
釣行記20200509 ナマズ
雨の日はデイナマ。昼間から生ビールじゃないですよ。昼間のナマズゲームです。
釣行記20200508 ナマズ
十六夜の月に照らされて魚釣り。
釣行記20200505 ナマズ
こどもの日に子供に戻って魚釣り。
釣行記20200417 鮒
たまには鮒でも。
釣行記20190727 ナマズ
鯰君、ジッターバグをぱっくんちょ
釣行記20190705
ナマズを狙って自転車で夜釣りに出かけました。
釣行記20190628 ナマズ
梅雨入りした近畿地方、ナマズを狙って夜釣りに出かけました。
釣行記20190622 ナマズ
京都でナマズを狙って夜釣りに出かけました。