のりこしの池

L.L.Beanの自転車のサドルを交換

L.L.Beanのサドル交換

 以前、Panasonicのかしこいランプ「SKL083」を取り付けた、L.L.Beanの自転車の自転車です。あの時は苦労しました。記事はこちら→「L.L.Beanの自転車にPanasonicのかしこいランプSKL083を取り付け(その1)(その2)

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 2015年9月に取り付けましたので、丸2年、取り付けに関しては全く調整なしです。さすが専用取付金具!目立たないけれども、素晴らしい性能で、安定感抜群です。ちなみに型番は「BFD1058」です。

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 今回は、サドルです。これが問題のサドル。上面に亀裂が入ってきています。L.L.Beanのロゴの入った純正サドルなのですが、服が引っかかってしまって困りものなので交換することにしました。

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 拡大したところです。サドルとしては、特に高級品というわけではなく、フツーのママチャリ/シティサイクルクラスのものです。

 

 

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 下からの写真です。ママチャリにはスプリング(=サスペンション)付きのサドルが装着されている場合も多いですが、これはスプリングなしのタイプです。

 

 いろんな角度から写真を撮っておくと、後々の作業で参考になることも多いです。

 

 

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 シートポスト固定金具です。折りたたみなので、締めるボルトが前に来るようになっています。

 

 一応折りたたみとはいえ、折りたたんだのは引っ越しの時だけです。

 

 今回はシートポストまで触らなくても良さそうです。

 

 

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 交換する新しいサドルですが、手持ちのものを出してきました。なので、正確には「新しい」サドルではありません。

 

 以前、ブロンプトンのサドルを替えた時も手持ちのものの再利用でした…。

 

 節約志向といえば聞こえはいいですが、お金がないだけとも言います。新品でもそんなに高いものでもないんですがね。

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 違う角度から。Century New / BICYCLE SADDLE と書いてあります。。

 

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 後ろから。リフレクターが付いているのはいいですね。サドルの下に端の青いレバーみたいなのが付いています。お詳しい方ならご存知かもしれません。

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 これが全体の写真です。そうです。シートポストに折りたたみ機能が付いているのです。

 

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 拡大するとこんな感じです。青いレバーを上に持ち上げながらサドルを前に倒すと、

 

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 こうなります。

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 真ん中の爪が、シートポスト部の四角い凹みにはまって固定される仕組みです。

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 横から見るとこんな感じです。

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 せっかくの折りたたみシートポストですが、L.L.Beanの自転車は折りたたまないので今回はサドルだけを取り外して使います。13mmのボルトです。

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 ラチェットが使えれば、そっちの方が楽チンです。

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 難なく外れました。先にL.L.Beanのサドルを外して、交換するサドルに問題があったら困りますからね。これで交換するサドルの準備ができました。

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 続いてL.L.Beanのサドルを外します。こちらも13mmのボルトです。ボルトが見えている(サドルに隠れていない)ので、メガネレンチでも、

 

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 ラチェットでも、どちらでもOKです。ご丁寧にプラスネジまで切ってあるのですが、わざわざドライバーを使わなくても良いでしょう。楽チンなラチェットを使います。

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 難なく緩みました。サドルだけ外れないかなーとガチャガチャやりましたが、

 

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 結局外れてしまいました。すでに錆びが見えています。

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 サビてますねぇ…。どうしよう。

 

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 しゃーないですね。見て見ぬ振りもできないので、ちょっとだけ。CRC5-56を吹いて、ワイヤーブラシでゴシゴシ。

 

 

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 こんなもんでいいでしょう。十分です。こういう所までできるのはDIYのいいところです。もちろん良心的な自転車屋さんはやってくれると思います。

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 取り付け金具はサビもでておらず、問題なさそうです。

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 サドルは廃棄するのでどうでもいいのですが、一応記念写真というか、記録写真を。

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 Viscount, M, 11, 7002と書いてあるようです。Mはサイズ、11は製造月っぽいです。

 

 断定はできませんが、形状から察するに、Viscount 2200というサドルにエルエルビーンのロゴが入っているのではないかと思われます。

 

 同じものが入手できるのかなと思い、探してみましたが、楽天やアマゾンでは見つけられませんでした。

 

 オークションやフリーマーケットなら見つかるかもしれませんが、そこまでする必要もないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 自転車の整備をしていると必ず寄ってきます。なんでだろ?

 

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 金具を外しました。ちょっと錆びてるとこがあります。

 

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 そのまま使うつもりでしたが、ホコリやサビがあるので、少しだけ綺麗にしてから取り付けることにします。こういうことしてるとなかなか進まないんですよねぇ。自分ちの自転車だからいいけどね。

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 CRC5-56を吹いて、磨く……というほどではありません。拭く程度です。

 

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 それでも充分綺麗になります。

 

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 新しいサドルに金具をセットして、

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 シートポストに差し込みます。

 

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 ぎゅっと奥まで差し込んで、

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 ボルトを締めますが、ボルトがサドルに半分隠れているのでラチェット+ソケットは使えません。

 

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 オープンスパナで締め…………??なんか変??

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 これが外す前の写真です。金具の向きが逆ですね。

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 こうじゃなくて、

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 こうですね。

 

後日、自転車屋さんに聞いたところ、金具(ヤグラ)の向きはどちらでもいいそうです。前後を逆にすると、サドルの位置が前寄りになったり後ろ寄りになったりします。自分の好きなように調節すればいいそうです。

 

L.L.Beanのサドル交換

 あらためてシートポストにはめていきます。

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 角度を合わせて、

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 メガネレンチで両側を交互に締めていきます。

 

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 これでオーケーです。

 

 

 

 

 

L.L.Beanのサドル交換

 サドル交換、終わりましたー!

 

 今回はサドル取り付け金具(やぐら)を使い回ししましたが、ママチャリ用のサドルには、金具が付属した状態で売っていることが多いので、手順としては、「ボルトを緩める→古いサドルを引っこ抜く→新しいサドルをはめる→ボルトを締める」の4ステップで一丁上がり!てなもんです。

 

 ママチャリ用の手ごろなサドルは1,000円台前半からありますし、サドルカバーで誤魔化すより、サドルを交換するほうが効果的ですね~。

 

 これは、商品写真に、明らかに取り付け金具が見えてますね。

 

 ロードバイクではなくても、スポーツ車用とされているものは「サドルのみ」で売っていますので、新しいものを買われる場合はよく確かめて買いましょう。

 

[20170907]

PR

関連記事 L.L.Beanの自転車にPanasonicのかしこいランプを取り付け

PR

PR

関連ページ

ミノウラ バイクハンガー4R 購入&設置記
ロードバイクAnchor RNC3を壁掛けにするために、バイクハンガーを設置しました。
Anchor RNC3 リクセンカウル エクステンダー購入記&取付記(1/3)
ロードバイクAnchor RNC3にリクセンカウルのエクステンダーを取り付けました。
Anchor RNC3 リクセンカウル エクステンダー購入記&取付記(2/3)
ロードバイクAnchor RNC3にリクセンカウルのエクステンダーを取り付けました。
Anchor RNC3 リクセンカウル エクステンダー購入記&取付記(3/3)
ロードバイクAnchor RNC3にリクセンカウルのエクステンダーを取り付けました。
ママチャリ 前輪パンク修理 米式バルブチューブ Shuwalbe AV17 使用
27インチ ママチャリのパンク修理にShuwalbe のAV17という米式バルブのチューブを使いました。
ママチャリ ローラーブレーキの整備:グリス購入編
後輪ブレーキから音鳴りがするママチャリのブレーキのメンテナンス。なんとブレーキに油(グリス)を入れるんですね!(その1:まずはモノの調達から)。
ママチャリにTiGRAのスマホホルダーを取り付け
ブロンプトンに続いてママチャリにもスマホホルダーを付けました。
SPDクリートの取付:SHIMANOビンディングシューズ
ビンディングというシステムはペダルとシューズが組み合わさって初めて機能するのであって、ペダルだけビンディングというのは、漕ぎにくいだけで、例えて言うならクリープのないコーヒーというか、アンテナを繋いでいないテレビというか、ガス欠の車というか、仏作って魂入れずというか、………
SPDクリートの取付ネジが外れた!
ビンディングというシステムはペダルとシューズが組み合わさって初めて機能するのであって、ペダルだけビンディングというのは、漕ぎにくいだけで、例えて言うならクリープのないコーヒーというか、アンテナを繋いでいないテレビというか、ガス欠の車というか、仏作って魂入れずというか、………