ミッチェル308 オーバーホール 本体組立編

Mitchell308 オーバーホール 本体組立編

ミッチェルのスピニングリール308のオーバーホールです。本体を組み立て、スプール・ハンドルと合わせます。

Mitchell 308 のオーバーホール。本体の組み立て。

Mitchell 308のオーバーホールです。本体の組み立てです。

 

 部品名のあとのカッコはパーツナンバーです。LESSと書いてあるのは個別の部品番号が付いていない部品です。

 

 

 写真撮影のため、オイルやグリスは使わずに組み立てています。実際に組む時は適宜使用してください。

 

Mitchell308 Overhaul

 分解・洗浄したMitchell308です。さて、どこから組み立てましょう。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 まずはここから。ローターヘッド(82668)にワッシャー(LESS)を乗せて、

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 ピニオン組(84331)を取り付けます。専用工具が必要です。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 内側は六角ナット(82376)です。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 カウンターウェイト(81279)をカウンターウェイトネジ(81281)で固定します。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 トリップレバー(81296)をトリップレバーブッシュ(86380)とトリップレバーネジ(85377)で固定し、トリップレバーバネ(81294)をはめます。写真では定位置にはめていますが、ベールを付ける時に、トリップレバーがフリーになっていた方が作業しやすいので、バネは外しておいても構いません。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 ラインガイド(83381)にラインガイドブッシュ(83382)を通します。ラインガイドはリトリーブの際に回転するようになっています。適宜オイルを注油します。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 ベールワイヤー(83419)に通します。向きがあるので注意。細い方がワイヤー側です。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 ベールワイヤーレース(83395)も通します。これも向きがあります。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 続いてベールアーム(83417)。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 最後にベールナット(83384)です。このナットは外れやすいと思うのですが、たまたま使ってる個体が外れやすいだけかもしれません。のりこしはゆるみ止めにロックタイト使ったりしてます。これでベール部分の組み立てはOK。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 続いてローターヘッド部分を組み立てます。ベールスプリング(81287)をセットして、

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 先ほど組み立てたベールユニットをベールネジN1(829889)で留めます。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 反対側はベールマウント(82904)とベールネジN2(82900)で固定します。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 ベールネジN1とN2はよく似ていますが、同じものではありません。左がN1、右がN2です。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 いよいよ本体部分の組み立てです。ハウジング(82803)にアンチリバースドッグバネ(81272)を安置します(笑うとこですよ)。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 アンチリバースドッグを取り付けます。バネに引っかけながら、菱形部分と嚙合わせる感じです。この時、アンチリバース機能を<ON>、巻くとカリカリ音がする側にしておくと作業が楽になります。バネは写真の線のように入っています。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 アンチリバース機能を<OFF>にして作業を進めます。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 スラストワッシャー(81276)を置いて、

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 スラストワッシャーをもう一枚。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 ドライブギヤ(84329)をセットします。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 先に組み立てたローターヘッドユニットを取り付けます。ピニオンとドライブギアがうまく噛み合うように取り付けます。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 外れ止めのボールベアリングネジ(83510)を入れます。ローターヘッドの位置がうまく合ってないと入り切りません。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 こんな感じで本体とネジがツライチになるようにします。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 オシレーションスライド(81308)を置いて、

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 メインシャフト(84454)を差し込み、オシレーションスライダーと穴の位置を合わせます。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 ロック金具(81307)を差し込みます。このモデルは二つのバーツですが、一つのバーツに突起が2本ついているタイプもあります。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 サイドプレートとネジ(81305)を取り付けます。ここまでで本体部分は完成です。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 別に組み立てたハンドルを付けます。逆ネジなので注意です。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 別に組み立てたスプールを付けます。各部の動きを確認します。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 違う角度から。なかなかカッコいいです。

 

 

 

 

 

Mitchell308 Overhaul

 グリスはたっぷり目で。ベアリングやドライブギヤの裏側などは組み立てながらグリスアップする必要があります。

 

 

 これでまた魚釣りに行けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[2020/02/22]