Brompton サドル交換2022(2/5)

Brompton サドル交換2022(2)

Bromptonのサドルを交換します。純正ヤグラの組み立て方の詳しい写真と説明付きです。

Bromptonのサドルを交換・ヤグラ組立手順付き(2)


 シートポストとOリングオーリングが汚れてるので綺麗にしておきましょう。

 

 

 

 

 


 Oリングオーリングは水洗いして、水気を拭き取り乾かしました。

 

 

 

 

 


 シートポストはちょっとサビが出ていたので、サビ取りで磨きます。

 

 

 

 

 


 自転車のサビ取りと書いてますが、メッキパーツ全般に使えます。以前は車のメッキバンパー磨いてました。

 

 

 

 

 


 磨いたあと、から拭きするとピカピカになります。ブロンプトンのシートポストは、サドル取り付け部分は鏡面で、それより下の部分はわずかに梨地加工がしてあります。

 

 

 

 

 


 けっこうホコリとかネバっちいのとかこびり付いてます。

 

 

 

 

 


 パーツクリーナーやらCRC5-56やらを使ってクリーニングします。

 

 

 

 

 


 ヤグラは分解してパーツをひとつづつCRC5-56で綺麗にしました。