のりこしの池

Brompton ビンディングペダルwellgo QRD-W44B導入記(その1/4)購入記

Bromptonに着脱式ペダルqrd-w44bを装着

 のりこしのブロンプトンS2L、亀のようにゆっくり走ります(この写真はイメージ画像で、本文となんの関係もありません)。

 

 

 

 

 

Bromptonに着脱式ペダルqrd-w44bを装着

 先日、某ショップのライドに参加しました。京都の西大路高辻(西大路四条と西大路五条の間)から亀岡まで走りました。こちらが往路で、

 

 

 

 

 

Bromptonに着脱式ペダルqrd-w44bを装着

 こちらが復路。京都から亀岡に行くには老ノ坂おいのさかという峠を越えなければなりません。

 

 一緒に走った方はほぼビンディング。のりこしはひいこらヒイコラ付いて行ったのですが、複数の方から「ビンディングにしたらだいぶ違いますよ。」と言われ、一気にビンディング導入に傾きました。

 

 のりこしは、ほとんどのブロンプトンオーナーの方と同じと思いますが、「折りたためずしてブロンプトンと言えましょうか?!」なので、ビンディングペダルを導入しても、フォールディング、ひいては輪行に支障があってはならないのです。

 

 そこで、ショップで相談したりネットで探したりした結果、ウェルゴ welgoのQRD-W44Bが良いだろうと結論しました。

 

 

 2020年5月現在、フラット面がW44Bより広く、踏み面が一般的なフラットペダルと同じ大きさになったM17Cが販売されています。付け外しする部分も第2世代のQRD2になり、出っ張りが少なくなりました。

 

 QRD-W44BもWPD-M17Cも、クランク取り付け部とペダル部とを組み合わせて使うペダルで、ペダル部分だけを取り外すことができる。というのが最大の特徴です。

 

 QRDシステムと名付けられています。Quick Release Deviceの略だそうです。

 

 のりこしはビンディングが初めてで、ショップで相談しながらの方が良かったので、取り寄せを頼んだところ、無理っぽいとのことでネットで調達しました。ブロンプトンの折り畳みとの兼ね合いで致し方ないところです。

 

 

 

 

 

Bromptonに着脱式ペダルqrd-w44bを装着

 クロネコで届きました。

 

 

 

 

 

Bromptonに着脱式ペダルqrd-w44bを装着

 「そのまま」段ボールに入れました。という感じです。

 

 

 

 

 

 

Bromptonに着脱式ペダルqrd-w44bを装着

 巾着の中は、仕切りがしてあって、左右のペダルが別々に入れられるようになっています。

 

 

 

 

 

 

Bromptonに着脱式ペダルqrd-w44bを装着

 中身です。

 

 

 

 

 

Bromptonに着脱式ペダルqrd-w44bを装着

 左右のペダル、ワッシャー、クリート、巾着、説明書(マニュアル)です。

 

 

 

 

 

Bromptonに着脱式ペダルqrd-w44bを装着

 ペダルのアップです。「鋳物」って感じですね。

 

 

 

 

 

Bromptonに着脱式ペダルqrd-w44bを装着

 一応重量測定。右のペダルです。210g。

 

 

 

 

 

 

Bromptonに着脱式ペダルqrd-w44bを装着

 左は212g。

 

 

 

 

 

 

Bromptonに着脱式ペダルqrd-w44bを装着

 合わせて422g。

 

 

 

 

 

Bromptonに着脱式ペダルqrd-w44bを装着

 各国語の説明書が入っています。

 

 

 

 

 

 

Bromptonに着脱式ペダルqrd-w44bを装着

 パーツリスト。クランクに取り付ける着脱アタッチメントシステムが「QRD(Quick Release Device)」ですね。

 

 

 

 

 

 

Bromptonに着脱式ペダルqrd-w44bを装着

 クランクへの取り付け方法。一般的な15mmレンチや6mmアーレンキーと工具のサイズが違います。

 

 取り付ける時にまた出てきますが、8mmのアーレンキーまたは21mmのスパナ(あるいはモンキーレンチ)を使います。

 

 

 

 

 

 

Bromptonに着脱式ペダルqrd-w44bを装着

 同梱のワッシャーは、ペダルの着脱に使うツマミの取り付け角度を好みに角度にするために使うようです。が、イラスト通りにはなりませんでした(後述)。

 

 

 

 

 

Bromptonに着脱式ペダルqrd-w44bを装着

 ペダルの取り付け方法。ツマミを引っ張って取り外しすると書かれています。

 

 2020年5月現在、フラット面がW44Bより広く、踏み面が一般的なフラットペダルと同じ大きさになったM17Cが販売されています。付け外しする部分も第2世代のQRD2になり、出っ張りが少なくなりました。

 

[20170626]

PR

PR

PR

関連ページ

Brompton後輪ブレーキシューの交換
Bromptonの後輪ブレーキシューの交換です。純正からシマノのアルテグラに変更しました。
Bromptonリアマッドガードのステー固定プレート修理
ブロンプトンのフロントブレード(泥除け)を交換しました。余分な作業をしてしまったかも…。でもいいんです。それもDIYのお楽しみ。
Brompton純正テールランプ改造
Bromptonの純正テールランプを修理しようとしましたが断念。手持ちのLEDライトと使って改造しました。
Bromptonグリップの交換
Brompton S2Lの純正グリップ。痛んで来たので交換します。
cannondale ヘルメット TERAMO購入記
ヘルメット買いました。
Bromptonテールランプの電池交換:フルメンテ編(本体取外し)
Brompton S2Lの純正テールランプ。電池を交換して夜道に備えます。
Bromptonヒンジ&ヒンジクランプの整備
Brompton S2Lの固着したヒンジクランプを整備しました。クランプを外してクリーニング,グリスアップしたら快適になりました。
BromptonスマホホルダーTiGRAの取り付け
ブロンプトンにTiGRAのスマホマウントを取り付けました。大満足です。早速,桂川サイクリングロードを走りました。
Bromptonサドルの交換&シートポスト周辺掃除(1)
5年程使ったブロンプトンのサドル。ひび割れて,パンツに引っかかるようになってきたので交換します。
Bromptonキックスタンド(MULTI-S)の取り付け
ブロンプトンにキックスタンドを取り付けます。パーキングポジションは気に入っていて,迷っていたのですが,ついに買いました。
Bromptonキックスタンドとメンテナンススタンドの同時使用
キックスタンドを取り付けたBrompton S2Lがそのままメンテナンススタンドを使えるのか検証しました。
Brompton純正キャリアブロックにリクセンのアダプターを取り付け
Bromptonでリクセン&カウルのバッグが使えるようにアダプターを取り付けました。これで小振りなバッグも使えます。
Bromptonフロントキャリアアダプタ+リクセンのバッグ「ライトバッグ」
ロントキャリアアダプタ+リクセンのバッグ「ライトバッグ」
Bromptonフロントマッドガードの交換
ブロンプトンのフロントブレード(泥除け)を交換しました。余分な作業をしてしまったかも…。でもいいんです。それもDIYのお楽しみ。
Bromptonフォールデッドブロンプトンが転がらない!
フォールディング状態のBromptonが転がらなくなってしまいました。原因は後ろフェンダーのコロちゃんでした。
Brompton右ペダル破損
ブロンプトンの右ペダル(折りたたまない方)が壊れてしまいました。
Brompton右ペダルまた壊れた
先日交換したBromptonの右ペダルがまた壊れてしまいました。再度交換です。
Brompton後輪シフト調整&掃除(1/5)
Brompton S2Lの外装変速機の調整と掃除です。
Brompton純正フロント反射板ステーにTL-LD130-F
ブロンプトンの純正フロントライト取付ステーにキャットアイのライトを取り付けました。別売りのブラケットを買って加工なしでOK!
Bromptonマグライト用ブラケットの整備
しつこく使い続けているSANYOサンヨーの自転車ライトのブラケット(とっくに廃番)のお手入れです。再発売を期待しますが、無理でしょうなぁ。
Bromptonイージーホイールの取り付け
Bromptonにイージーホイールを取り付けます。10年程前のものとの比較もしてみました。