プラレール 富士の改造

プラレール 富士の改造

プラレール「特急 富士」の最後尾を改造し,連結ができるようにしました。

プラレール 特急 富士を改造して連結仕様にしました。

プラレール 富士の改造

 プラレール「特急 富士」三両目です。モータ付いてないやつです。これを連結仕様にします。

 

 

 

 

 

プラレール 富士の改造

 台車部分です。

 

 

 

 

 

プラレール 富士の改造

 台車の裏側です。この裏側にぴったりはまるプラバンを切り出します。

 

 

 

 

 

プラレール 富士の改造

 そこらへんにあったスチレン樹脂のケースを加工しました。雑ですかね(^ ^;)

 

 モデラーの方々が見たら目を覆わんばかりかもしれません。

 

 

 

 

 

プラレール 富士の改造

 一応、現物合わせしながら作ったんで、割ときちんとはまります。筋のような補強部分は外枠より少しだけレベルを下げて作ってあるところもありがたいです。

 

 

 

 

 

プラレール 富士の改造

 違う角度から。のりこし にしては上出来です。

 

 

 

 

 

プラレール 富士の改造

 連結器は、こっちの輪っかの方(リングタイプ)を使います。

 

 プラレールの連結器は、基本的に車両の前側がフックタイプ、後ろ側がリングタイプです。

 

 今回の改造部分は車両の後ろ側なので、リングタイプにしておいた方が連結した時も自然に見えますし、仮に改造しやすいという理由でフックタイプにしたりすると、車両のどちらもフックになってしまうので、前後はきちんと合わせます。

プラレール 富士の改造

 さて、実際の加工です。こんな感じでひらべったい穴をあけます。

 

 

 

 

 

プラレール 富士の改造

 正面から見たところ。

 

 

 

 

 

プラレール 富士の改造

 裏側から見たところ。

 

 

 

 

 

プラレール 富士の改造

 加工にはルーターと適当なビットを使いました。

プラレール 富士の改造

 連結器を差し込んで、

 

 

 

 

 

プラレール 富士の改造

 先に作ったプラバンをあててみます。

 

 

 

 

 

プラレール 富士の改造

 テープでプラバンを固定し、連結器がうまく動きそうなところマジックで印をつけます(写真では連結器を外していますが、連結器を差し込んだ状態で印をつけます)。

 

 

 

 

 

プラレール 富士の改造

 次はドリルの出番です。のりこし 愛用のリョービ FDD-1010(京セラが販売元になったので、現在は京セラFDD-1010です)。

プラレール 富士の改造

 M4のネジを通すバカ穴をあけるので、4㎜で開けてちょっと広げました。4.5㎜でも特に問題ないでしょう。

 

 

 

 

 

プラレール 富士の改造

 開けました。プラスチックなので、あっと言う間に開きます。

 

 

プラレール 富士の改造

 テープをはがして、台車部分とプラバンをきれいにします。

 

 

 

 

 

プラレール 富士の改造

 M4のボルトナットでプラバンと連結器をとめます。

 

 

 

 

 

プラレール 富士の改造

 裏側からみたところです。

 

 

 

 

 

プラレール 富士の改造

 車体のカバーは、連結器の可動域に合わせて削ります。ここは外側で目立つので、できるだけきれいに仕上げました。

 

 

 

 

 

プラレール 富士の改造

 裏側からみたところです。ルーターで粗削りして、最後は平ヤスリで仕上げてます。

 

 組み立てて完成です。

 

 

 

[20080913]