のりこしの池

Brompton ヘッドライトNL-876P(SKL088)のブラケットを加工してネジ止め。ガタツキ無し、盗難防止で大満足。

BromptonのヘッドライNL-876P(SKL088)のブラケットを加工。

 のりこしのブロンプトン。ポタリングと言うよりヨタリングって感じです。京都の鴨川沿いです。

 

 ヘッドライトにパナソニックのオートライトNL-876Pを付けたという記事を書きました。

 

 (NL-876Pは2015年12月現在、後継機種の型番SKL088が販売されています)。

 

 機能上は問題なく使えてるンですが、ちょっと気になる。

 

 

BromptonのヘッドライNL-876P(SKL088)のブラケットを加工。

 ブロンプトンのブラケットを取付け板と本体で挟んでいるだけなので、ちょっとずつずれてくるのです。それに加えて、上に強く引っ張ると取れてしまうので盗難も心配です。

 

 

 

 

 

 

BromptonのヘッドライNL-876P(SKL088)のブラケットを加工。

 なんとかならないかと思って考えました。取付け板をブラケットに低頭ボルトとナットで固定、そこに本体を取り付けることにしました。

 

 

 

 

 

 

BromptonのヘッドライNL-876P(SKL088)のブラケットを加工。

 用意するものは、M5の超低頭ネジ1本、厚さ1.5mmのワッシャー2個、M5袋ナット1個です。

 

 ナットは袋になっていなくてもかまいませんが、ネジは超低頭であること、ワッシャーの厚みも重要です。

 

 今回、超低頭ネジは鉄のものを使いましたが、たまたま近くのホームセンターのステンレスの在庫が見当たらなかったためで、当然ステンレスの方がいいでしょう。超低頭ネジは120円、ワッシャーは198円でそれぞれ購入。

 

 袋ナットは手持ちを使いました。

 

 

BromptonのヘッドライNL-876P(SKL088)のブラケットを加工。

 M5超低頭ネジの頭部の厚さは1.2mmと記載があります。

 

 取付け板にネジの頭が入るだけザグった方がきれいに仕上がると思いますが、のりこしは工具がないのでパス。1.5mm厚で径の大きいワッシャーでネジの頭の厚さを確保します。

 

 普通のワッシャーより径の大きいワッシャーの方が広い面で支えるので安定するかなーと考えました。

 

 

BromptonのヘッドライNL-876P(SKL088)のブラケットを加工。

 直接関係ないのですが、ついでに取り付け板と本体を固定するナットを手持ちの六角穴ボルトに変更します。規格は標準的なM4の0.7mmピッチです。

 

 

 

 

 

 

BromptonのヘッドライNL-876P(SKL088)のブラケットを加工。

 取付け板です。左右にボルトがはまる溝があります。

 

 

 

 

 

 

BromptonのヘッドライNL-876P(SKL088)のブラケットを加工。

 真ん中に穴をあけます。ブロンプトンのブラケットの穴がM5サイズなので、こちらの穴も5mmφにあわせておきます。

 

 穴をあける場所が凸部なのでいきなり5mmで開けるとずれるかもしれません。

 

 のりこし は2mmドリルのピンバイス→3mmピンバイス→5mm電動ドライバドリルで開けました。

 

 

BromptonのヘッドライNL-876P(SKL088)のブラケットを加工。

 超低頭ネジとワッシャー、袋ナットでブラケットに取付けたところです。

 

 

 

 

 

 

BromptonのヘッドライNL-876P(SKL088)のブラケットを加工。

 後ろから見たところ。写っているワッシャーは先に書いたワッシャー2個とは別のワッシャーです。これは無くてもいいかも知れません。あった方がいいとは思います。

 

 

 

 

 

 

BromptonのヘッドライNL-876P(SKL088)のブラケットを加工。

 左右にワッシャーを挟み込んで、本体をネジ止めします。

 

 

 

 

 

 

BromptonのヘッドライNL-876P(SKL088)のブラケットを加工。

 上から見たところです。取付け板と本体の間に隙間が見えます。ワッシャーの厚みの分、1.5mm空いています。

 

 のりこしにとってはイメージ通りで満足しています。隙間が気になる人は、もう少し手を加えると無くす事ができるかもしれません。方法はいくつか考えられます。

 

  1. 取り付け板に超低頭ネジの頭が隠れる分だけ、円筒状に彫り込む(ザグる)。専用の工具(ビット)が要ります。プラスチックなので、ルーターと適当なビットでも彫れます。ルーターを使う方法ならのりこしでもできそうですが、きれいに仕上げる自信はありません。
  2. ネジを皿ネジに変えて、取り付け板に皿ネジの頭が隠れる分だけ円錐状に彫り込む。ツライチにするためによく使われる方法です。ドリルの先端部分で加工できるので、ドリルを持っていればすぐできます。ただ、取付板が平面ではないので「面イチ」状態と呼べる程の仕上がりにはなりません。本体を付けてしまえば見えなくなってしまうので、あまり気にしなくても良いかもしれません。
  3. 取付け板を自作するという方法もあります。2〜3mm厚のステンレス板を三角形状にカットし、まんなか2カ所にタッピングでネジ穴を切り、両端をバカ穴にしておきます。この方法なら取付け板を直接ブラケットにネジ止め出来ますし、使うネジもナベ、超低頭、六角穴キャップなど、好きなものが使えます。2カ所で固定するのでライトが回転するのも防げます。バイス、金ノコ、ドリル、グラインダ、タッピングなどがあれば、のりこしの様なDIYレベルでも作れそうですが、時間と手間を考えると非常に面倒です。
  4. ブラケット自体を自作し、NL-876P専用のものと取り替えます。このライトを使うブロンプトンオーナーにとっては夢のような方法ですが、工作機械が必要です。DIYのレベルを超えています。逆に本職の方なら容易い事かもしれません。
  5. 隙間を……。妄想はこのくらいにしておきます。

 

 

 

BromptonのヘッドライNL-876P(SKL088)のブラケットを加工。

 後ろから見たところです。挟んでいただけの時よりしっかりと取り付けられました。ただし、1点で固定しているので、ギュっと力を入れると左右に回ります。時々増締めした方がいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

ブロンプトンのヘッドライトにPanasonicのかしこいランプ(オートライト)装着

 こちらは挟んでいただけの時の写真。改めて見ると、ちょっと不安定っぽいです。

 

 

 

 

 

 

 

BromptonのヘッドライNL-876P(SKL088)のブラケットを加工。

 電池交換の時に外すネジです。取付け位置が上にずれたので、以前に比べると泥よけとの隙間が大きくなり、ネジへのアクセスが容易になりました。

 

 

 

 

 

 

BromptonのヘッドライNL-876P(SKL088)のブラケットを加工。

 挟んでいたときの写真です。比べてみると、クリアランスの違いがはっきりわかります。

 

 

BromptonのヘッドライNL-876P(SKL088)のブラケットを加工。

 折りたたんだところです。安定感抜群です。

 

 

NL-876Pは廃番になり、2015年10月現在、後継機種の型番SKL088が販売されています。

2021年2月現在、SKL088も廃番になっていて、同じ形状のライトは販売されていません。

 

[20120127]

PR

PR

PR

関連ページ

Bromptonテールランプの電池交換:フルメンテ編(本体取外し)
Brompton S2Lの純正テールランプ。電池を交換して夜道に備えます。
Brompton後輪ブレーキシューの交換
Bromptonの後輪ブレーキシューの交換です。純正からシマノのアルテグラに変更しました。
Bromptonリアマッドガードのステー固定プレート修理
ブロンプトンのフロントブレード(泥除け)を交換しました。余分な作業をしてしまったかも…。でもいいんです。それもDIYのお楽しみ。
Brompton純正テールランプ改造
Bromptonの純正テールランプを修理しようとしましたが断念。手持ちのLEDライトと使って改造しました。
Bromptonグリップの交換
Brompton S2Lの純正グリップ。痛んで来たので交換します。
cannondale ヘルメット TERAMO購入記
ヘルメット買いました。
Bromptonヒンジ&ヒンジクランプの整備
Brompton S2Lの固着したヒンジクランプを整備しました。クランプを外してクリーニング,グリスアップしたら快適になりました。
BromptonスマホホルダーTiGRAの取り付け
ブロンプトンにTiGRAのスマホマウントを取り付けました。大満足です。早速,桂川サイクリングロードを走りました。
Bromptonサドルの交換&シートポスト周辺掃除(1)
5年程使ったブロンプトンのサドル。ひび割れて,パンツに引っかかるようになってきたので交換します。
Bromptonキックスタンド(MULTI-S)の取り付け
ブロンプトンにキックスタンドを取り付けます。パーキングポジションは気に入っていて,迷っていたのですが,ついに買いました。
Bromptonキックスタンドとメンテナンススタンドの同時使用
キックスタンドを取り付けたBrompton S2Lがそのままメンテナンススタンドを使えるのか検証しました。
Brompton純正キャリアブロックにリクセンのアダプターを取り付け
Bromptonでリクセン&カウルのバッグが使えるようにアダプターを取り付けました。これで小振りなバッグも使えます。
Bromptonフロントキャリアアダプタ+リクセンのバッグ「スマイル」
リクセンカウルのバッグ「スマイル」をブロンプトンに付けてみました。フロントキャリアアダプタと組み合わせています。
Bromptonフロントキャリアアダプタ+リクセンのバッグ「ライトバッグ」
ロントキャリアアダプタ+リクセンのバッグ「ライトバッグ」
Bromptonフロントマッドガードの交換
ブロンプトンのフロントブレード(泥除け)を交換しました。余分な作業をしてしまったかも…。でもいいんです。それもDIYのお楽しみ。
Bromptonフォールデッドブロンプトンが転がらない!
フォールディング状態のBromptonが転がらなくなってしまいました。原因は後ろフェンダーのコロちゃんでした。
Brompton右ペダル破損
ブロンプトンの右ペダル(折りたたまない方)が壊れてしまいました。
Brompton右ペダルまた壊れた
先日交換したBromptonの右ペダルがまた壊れてしまいました。再度交換です。
Bromptonビンディングペダルwellgo QRD-W44B導入記
Bromptonに取り外し可能なビンディングペダルwellgo QRD-W44Bを取り付けます。
Brompton後輪シフト調整&掃除(1/5)
Brompton S2Lの外装変速機の調整と掃除です。
Brompton純正フロント反射板ステーにTL-LD130-F
ブロンプトンの純正フロントライト取付ステーにキャットアイのライトを取り付けました。別売りのブラケットを買って加工なしでOK!
Bromptonマグライト用ブラケットの整備
しつこく使い続けているSANYOサンヨーの自転車ライトのブラケット(とっくに廃番)のお手入れです。再発売を期待しますが、無理でしょうなぁ。
Bromptonイージーホイールの取り付け
Bromptonにイージーホイールを取り付けます。10年程前のものとの比較もしてみました。
Bromptonイージーホイールの取り付け(2)
Bromptonにイージーホイールを取り付けます。10年程前のものとの比較もしてみました。
Brompton前タイヤ交換
Bromptonの前タイヤが裂けてしまいました。自分で交換してみます。
Brompton前タイヤ交換(2/3)
Bromptonの前タイヤが裂けてしまいました。自分で交換してみます。
Brompton前タイヤ交換(3/3)
Bromptonの前タイヤが裂けてしまいました。自分で交換してみます。
Brompton前輪パンク&輪行で帰宅
亀裂の入った前タイヤを放っておいたらやっぱりパンクしました。祇園祭の夜に輪行で帰宅です。
Bromptonフロントライトの取り付けネジを交換
Brompton+キャットアイのOMNI5。取り付けネジを交換して、信頼性を高めます。
Bromptonフロントライトの取り付けネジを交換(2)
Brompton+キャットアイのOMNI5。走っているうちに、ライトが落ちてしまいました。取り付けネジを交換して、信頼性を高めます。
Bromptonフロントライトの取り付けステーが折れた
Bromptonのヘッドランプを取り付けるステー(アルミ製ブラケット)が折れました。
BromptonオートライトNL-876Pのボルトを交換。電池切れに備える。
ヘッドライトNL-876P(SKL088)のボルトを交換して、電池切れに備えます。
BromptonヘッドライトNL-876P(SKL088)を使ってみました。
Bromptonのヘッドランプにパナソニック製のかしこいランプSKL088(NL-876P)を取り付けるました。オートライトなので夜は自動点灯。快適です。
Brompton 2速の後輪タイヤ交換
2速ブロンプトンの後輪タイヤの交換です。チューブはそのまま使います。
Brompton 2速の後輪タイヤ交換(2)
2速ブロンプトンの後輪タイヤの交換です。チューブはそのまま使います。