釣行記20220721 タナゴ・フナ・コイ

幸釣234の距離、1mちょっとくらいで釣れるのが楽しいです。小さいタナゴも、手のひらサイズの鯉も、どっちも楽しめます。

釣行記 2022/7/21 タナゴ・フナ・コイ釣り

幸釣234持って釣りに来ました。

 

 エサはマルキューの黄身練り。

 以前ニゴイをタモってもらったおっちゃんと遭遇。話をしながら釣り始めます。

 

 

 


 まずはフナ。このポイントはフナはあんまり釣れないんです。珍しい。おっちゃんはここはフナばかりと言うけど、人によって釣れる魚が違うのも面白いです。

 

 

 

 


 続いてタナゴ。カネヒラのオスだけど、あんまり婚姻色出てないです。サイズはまあまあ。

 

 

 

 


 これもカネヒラ。婚姻色は薄め。

 

 

 

 


 こんな感じで同じようなサイズがポツポツ釣れてきます。

 

 

 

 


 またフナ釣れました。珍しい。

 

 

 

 


 カネヒラのメス。

 

 

 

 


 グッドサイズのコイ

 

 

 

 


 同じサイズを続けてもう1匹

 

 隣で見ている、普段でっかいのばかり狙っているのおっちゃんと、「なかなかおもろいな」「そうですやろ」などと話しながら釣っていると、ウキがスイっと入って行って、アワセたら潜水艦。

 

 あえなくプッチン。

 

 「鯉やな。」
 「やっぱ鯉ですよね。30位までなら大抵上がるんですが。」
 「デカそうやったな」
 「全然竿が立ちませんでしたわ。」

 

 そんなでっかい鯉がゴマ粒か米粒みたいなエサ食うなよな〜。

 

 などとボヤきながら納竿となりました。

 

[20220721]