水道バルブの蓋の塗装

水道バルブの蓋の塗装

水道のバルブの蓋を塗装します。スプレーで簡単塗装。水道メーターを塗るついででしたが、黒く塗って引き締まった感じです。

水道バルブの蓋を塗装してカッコよくするDIY


 水道(上水道)のバルブです。水道メーターの下流にあり、家庭内の水道の元締めにあたります。

 

 

 

 

 


 開けると、中に手で回せるバルブが入っています。

 

 

 

 

 


 蓋とか結構汚いです。屋外なので、蓋にゴミや泥がたまるのは仕方ないのですが、この青色がなんとも家と合ってないんですよね。

 

 

 

 

 


 ブラシやらブロワやら出して来て掃除します。


 開けたついでに、仕様を見ておきます。型番VB100、宅内用、JoToはメーカーでしょうか。素材はR-PP(リサイクルドポリプロピレン)です。

 

 調べると、城東リプロン製の「バルブボックス」という製品のようです。素材は蓋がJC(ポリオレフィン樹脂+炭酸カルシウム)で枠はABSと書いてありました。ポリプロじゃないやん(^^;)

 

 バルブボックス仕様書のページ
 https://lyprone.com/exterior/valve/ 

 

 ネットでも普通に売ってるもんなんですね。


 バルブ自体は塩ビ管の中に収まっています。

 

 

 

 

 


 そこそこきれいにして、こんなもんですかね。

 

 

 

 

 


 よく見ると、水が溜まっています。水道のバルブなので、湿気やすいのかも知れません。今回の塗装では、蓋の内側は塗らないのでスルーします。

 

 

 

 

 


 こんな感じで養生テープで周辺をマスキングします。向かって奥側は車が置いてあるので新聞紙でカバーしときます。


 蓋のフチに沿って、カッターで養生テープを切ります。

 

 

 

 

 


 切り取るとこんな感じになります。

 

 

 

 

 


 スプレーで塗ります。

 

 

 

 

 


 ツヤ消し(マットタイプ)を塗ったので、乾くとこんな感じになります。

 

 

 

 

 


 マスキングを剥がします。

 

 

 

 

 


 完成です。蓋だけでなく、フチも綺麗にして塗ってもよかったかな。

 

 

 

 

 


 使ったのはダイソーのスプレー。他のモノも塗ったりして、何本か使うとホームセンターのプライベートブランドなどの方が安くつくこともあります。


 ビフォーアフターで比べて見ると、アフターの方が引き締まって見えます。

 

 安上がりで、出来栄えも納得のDIYでした。

 

[20220807]